業績


学術論文

2021年度

1. Hosogaya N, Miyazaki T, Fukushige Y, Takemori S, Morimoto S, Yamamoto H, Hori M, Kurokawa T, Kawasaki Y, Hanawa M, Fujii Y, Hanaoka H, Iwami S, Watashi K, Yamagoe S, Miyazaki Y, Wakita T, Izumikawa K, Yanagihara K, Mukae H, Kohno S; Nelfinavir Study Group. Efficacy and safety of nelfinavir in asymptomatic and mild COVID-19 patients: a structured summary of a study protocol for a multicenter, randomized controlled trial. Trials 2021;22(1):309.

2.Imai K, Kitagawa Y, Tabata S, Kubota K, Nagura-Ikeda M, Matsuoka M, Miyoshi K, Sakai J, Ishibashi N, Tarumoto N, Takeuchi S, Ito T, Maesaki S, Tamura K, Maeda T. Antibody response patterns in COVID-19 patients with different levels of disease severity in Japan. J Med Virol 2021;93(5):3211-8.

3.Shinkai M, Tsushima K, Tanaka S, Hagiwara E, Tarumoto N, Kawada I, Hirai Y, Fujiwara S, Komase Y, Saraya T, Koh H, Kagiyama N, Shimada M, Kanou D, Antoku S, Uchida Y, Tokue Y, Takamori M, Gon Y, Ie K, Yamazaki Y, Harada K, Miyao N, Naka T, Iwata M, Nakagawa A, Hiyama K, Ogawa Y, Shinoda M, Ota S, Hirouchi T, Terada J, Kawano S, Ogura T, Sakurai T, Matsumoto Y, Kunishima H, Kobayashi O, Iwata S. Efficacy and Safety of Favipiravir in Moderate COVID-19 Pneumonia Patients without Oxygen Therapy: A Randomized, Phase III Clinical Trial. Infect Dis Ther 2021;10(4): 2489–509.

4.Ikeda M, Imai K, Kubota K, Noguchi S, Kitagawa Y, Matsuoka M, Tabata S, Miyoshi K, Ito T, Tamura K, Maeda T. Clinical characteristics and antibody response to SARS-CoV-2 spike 1 protein using VITROS Anti-SARS-CoV-2 antibody tests in COVID-19 patients in Japan. J Med Microbiol 2021 70(4):001291

5.Imai K, Matsuoka M, Tabata S, Kitagawa Y, Ikeda M, Kubota K, Fukada A, Takada T, Sato M, Noguchi S, Takeuchi S, Arakawa N, Miyoshi K, Saito Y, Maeda T. Cross-reactive humoral immune responses against seasonal human coronaviruses in COVID-19 patients with different disease severities. Int J Infect Dis 2021 111:68-75,

6.Ozono S, Zhang Y, Ode H, Sano K, Tan ST, Imai K, Miyoshi K, Kishigami S, Ueno T, Iwatani Y, Suzuki T, Tokunaga K. SARS-CoV-2 D614G spike mutation increases entry efficiency with enhanced ACE2-binding affinity. Nat Commun 2021 12(1):848

7.Imai K, Murakami T, Misawa K, Fujikura Y, Kawana A, Tarumoto N, Maesaki S, Maeda T. Optimization and evaluation of the ARCHITECT Chagas assay and in-house ELISA for Chagas disease in clinical settings in Japan. Parasitol Int 2021 80:102221

8.Fukada A, Kitagawa Y, Matsuoka M, Sakai J, Imai K, Tarumoto N, Orihara Y, Kawamura R, Takeuchi S, Maesaki S, Maeda T. Presepsin as a predictive biomarker of severity in COVID-19: A case series. J Med Virol. 2021 93(1):99-101

9.Kodana M, Kitagawa Y, Takahashi R, Matsuoka M, Fushimi N, Sakai J, Ishibashi N, Imai K, Takeuchi S, Tarumoto N, Maesaki S, Ikezono T, Maeda T. Concerns about the clinical usefulness of saliva specimens for the diagnosis of COVID-19. J Infect 2021 83(1):119-145

10.Matsuzaki N, Orihara Y, Kodana M, Kitagawa Y, Matsuoka M, Kawamura R, Takeuchi S, Imai K, Tarumoto N, Maesaki S, Maeda T. Evaluation of a chemiluminescent enzyme immunoassay-based high-throughput SARS-CoV-2 antigen assay for the diagnosis of COVID-19: The VITROS® SARS-CoV-2 Antigen Test. J Med Virol 2021 93(12):6778-6781

11.Morioka S, Gu Y, Tsuzuki S, Fujitomo Y, Soeda H, Nakahama C, Hasegawa N, Maesaki S, Maeda M, Matsumoto T, Miyairi I, Ohmagari N. Determinants of clinic doctors’ attitudes concerning antimicrobial prescription for patients with common colds or bronchitis: Additional analysis of a nationwide survey conducted by the Japanese Society of Chemotherapy and the Japanese Association for Infectious Diseases. J Infect Chemother 2021 27(2):131-138

12.Satomura A, Oikawa Y, Nakanishi S, Takagi S, Mizutani G, Iida S, Nakayama H, Haga Y, Nagata M, Maesaki S, Mimura T, Shimada A. Clinical features resembling subcutaneous insulin resistance observed in a patient with type 2 diabetes and severe COVID-19-associated pneumonia: a case report. Diabetol Int 2021 12(4):1-6

13.Mimura K, Oka H, Sawano M. A perspective on hospital-acquired (nosocomial) infection control of COVID-19: usefulness of spatial separation between wards and airborne isolation unit. J Breath Res 2021 15(4).

14.Nozaki Y, Ono D, Yamamoto K, Mimura K, Sasaki M, Horino A, Ohno H, Oka H. A case of renal abscess and bacteremia caused by Burkholderia pseudomallei that was first unidentifiable by matrix-assisted laser desorption ionization-time of flight mass spectrometry in a Japanese-man. J Infect Chemother 2021 27(11):1653-1657

15.Watanabe T, Koyama S, Tabira M, Yoshitake A, Mitsutake K, Ebihara Y. Infected aortic aneurysm caused by Streptococcus pyogenes: A case report. J Infect Chemother27:647-649, 2021

16.Seki M. Mechanisms and managements of influenza and its related pneumonia。Medical Research Archives,2021 9(7), 2486-2507.

16.Seki M, Takano K, Hariu M, Kamioka Y, Watanabe Y, An adolescent case of influenza-related pulmonary atelectasis. Global Journal of Medical Case Reports 2021, 1, 8-12. DOI: 10.31586/gjmcr.2021.010103

17.Ishida T, Seki M, Oishi K, Tateda K, Fujita J, Kadota JI, Kawana A, Izumikawa K, Kikuchi T, Ohmagari N, Yamada M, Maruyama T, Takazono T, Miki M, Miyazaki Y, Yamazaki Y, Kakeya H, Ogawa K, Nagai H, Watanabe A. Clinical Manifestations of Adult Patients Requiring Influenza-Associated Hospitalization: A Prospective Multicenter Cohort Study in Japan via Internet Surveillance. J Infect Chemother. 2021, 27(3):480-485. doi: 10.1016/j.jiac.2020.10.021.

18.Watanabe Y, Kamioka Y, Seki M. Rhinovirus-infected patients in the COVID-19 pandemic period. Infect Drug Resist 2021 DOI https://doi.org/10.2147/IDR.S300001

19.Kashiwagura S, Kamioka Y, Seki M, Koshika R, Okada K, Analysis of risk factors associated with reduced trough concentrations of vancomycin in relation to renal function in a tertiary hospital in Japan. Infect Drug Resist 2021 14:4207-4214.

20.Takano K, Hariu M, Watanabe Y, Seki M. Detection of representative mutant strains and a prolonged case infected by SARS-CoV-2 with spike 69/70 deletion in Japan. Infect Drug Resist 2021 14:2579-2581

21.Takano K, Shimada D, Imai H, Hariu M, Kamioka Y, Watanabe Y,Seki M. Severe pulmonary Mycobacterium abscessus cases due to co-infection with other microorganisms well-treated by clarithromycin and sitafloxacin in Japan. Int Med Case Rep J 2021 14, 465-470. DOI https://doi.org/10.2147/IMCRJ.S321969

22.Hariu M, Watanabe Y, Shimada D, Imai H, Takano K, Kamioka Y, Seki M. A household Microsporum canis dermatophytosis suggested by matrix-assisted laser desorption / ionization time-of-flight mass spectrometry analysis. Am J Case Rep 2021 DOI:10.12659/AJCR.930713

23.Imai H, Watanabe Y , Shimada D, Suzuki J, Endo S, Kaku M, Seki M. Utility of Cell-Direct Polymerase Chain Reaction-based Nucleic Acid Lateral Flow Immunoassay for the Rapid Detection of Bacterial Pathogens of Suspected Sepsis cases. Infect Drug Resist 2021;14:5137-5144.

2020年度

1.Gu Y, Fujitomo Y, Soeda H, Nakahama C, Hasegawa N, Maesaki S, Maeda M, Matsumoto T, Miyairi I, Ohmagari N. A nationwide questionaire survey of clinic on antimicrobial stewardship in Japan. J Infect Chemother 2020; 26(2):149-156

2.Uchida Y, Uemura H, Yamaba S, Hamada D, Tarumoto N, Maesaki S, Mochida S. Significance of liver dysfunction associated with decreased hepatic CT attenuation values in Japanese patients with severe COVID-19. J Gastroenterol 2020; 55(11):1098-1106.

3.Tarumoto N, Imai K, NakayamaS, Itoda I, Sakai J, Murakami T, Maesaki S, Hayakawa S, Ohnishi M, Maeda T. A novel peptide nucleic acid-mediated loop-mediated isothermal amplification assay for the detection of mutations in the 23S rRNA gene of Treponema pallidum. J Med Microbiol 2020;69(12):1339-1345.

4.Fukada A, Kitagawa Y, Matsuoka M, Sakai J, Imai K, Tarumoto N, Orihara Y, Kawamura R, Takeuchi S, Maesaki S, Maeda T. Presepsin as a predictive biomarker of severity in COVID-19: A case series. J Med Virol2020 Jun 12;10.1002/jmv.26164

5.Ogane K, Tarumoto N, Kodana M, Onodera A, Imai K, Sakai J, Kawamura T, Takeuchi S, Murakami T, Mitsutake K, Ikebuchi K, Maesaki S, Maeda T. Antimicrobial susceptibility and prevalence of resistance genes in Bacteroides fragilis isolated from blood culture bottles in two tertiary care hospitals in Japan. Anaerobe 2020 Aug;64:102215.

6.Sakai J, Tarumoto N, Orihara Y, Kawamura R, Kodana M, Matsuzaki N, Matsumura R, Okane K, Kawamura T, Takeuchi S, Imai K, Murakami T, Maesaki S, Maeda T. Evaluation of a high-speed but low-throughput RT-qPCR system for SARS-CoV-2 detection. J of Hosp Infect 2020;105(4):615-618.

7.Kitagawa Y, Orihara Y, Kawamura R, Imai K, Sakai J, Tarumoto N, Matsuoka M, Takeuchi S, Maesaki S, Maeda T. Evaluation of rapid diagnosis of novel coronavirus disease (COVID-19) using loop-mediated isothermal amplification. J Clin Virol 2020; 129: 104446.

8.Imai K, Tabata S, Ikeda M, Noguchi S, Kitagawa Y, Matuoka M, Miyoshi K, Tarumoto N, Sakai J, Ito T, Maesaki S, Tamura K, Maeda T. Clinical evaluation of an immunochromatographic IgM/IgG antibody assay and chest computed tomography for the diagnosis of COVID-19. J Clin Virol 2020; 128: 104393.

9.Imai K, Nemoto R, Kodana M, Tarumoto N, Sakai J, Kawamura T, Ikebuchi K, Mitsutake K, Murakami T, Maesaki S, Fujiwara T, Hayakawa S, Hoshino T, Seki M, Maeda T. Rapid and Accurate Species Identification of Mitis Group Streptococci Using the MinION Nanopore Sequencer. Front Cell Infect Microbiol 2020; 10: 11.

10.Watanabe N, Kobayashi K, Koyama S, Tabira M, Matsuno J, Taji Y, Akuzawa Y, Ishikawa M, Maeda T, Imai K, Tarumoto N, Asou N, Mitsutake K, Ebihara Y. Bloodstream infection by multidrug-resistant Streptococcus oralis in a leukemic patient with febrile neutropenia after hematopoietic stem cell transplantation. Transpl Infect Dis 2020; 22(2): e13246.

11.Kosaka A, Sakamoto N, Hikone M, Imai K, Ota M, Washino T, Maeda T, Iwabuchi S. Failure of Liposomal-amphotericin B Treatment for New World Cutaneous Leishmaniasis due to Leishmania braziliensis. Intern Med 2020; 59(9): 1227-30.

12.Tabata S, Imai K, Kawano S, Ikeda M, Kodama K, Miyoshi K, Obinata H, Mimura, Kodera T, Kitagaki M, Sato M, Suzuki S, Ito T, Uwabe Y, Tamura K. Clinical characteristics of COVID-19 in 104 people with SARS-CoV-2 infection on the Diamond Princess cruise ship: a retrospective analysis.Lancet Infect Dis 2020 20(9):1043-1050

12.Seki M.Trends in the management of infectious disease in the SARS-CoV-2 era: A pathophysiological comparison of COVID-19 and influenza. World J Virol 2021 DOI https://dx.doi.org/10.5501/wjv.v10.i2.62

13.Seki M.Editorial-Lessons from the nationwide surveillance of SARS-CoV-2 surges in Japan JMA Journal 2021 DOI: 10.31662/jmaj.2021-0091

2019年度

1.Imai K, Ishibashi N, Kodana M, Tarumoto N, Sakai J, Kawamura T, Takeuchi S, Taji Y, Ebihara Y, Ikebuchi K, Murakami T, Maeda T, Mitsutake K, Maesaki S. Clinical characteristics in blood stream infections caused by Klebsiella pneumoniae, Klebsiella variicola, and Klebsiella quasipneumoniae: a comparative study, Japan, 2014-2017. BMC Infect Dis. 2019; 19:946.

2.Sakai J, Imanaka K, Kodana M, Ohgane K, Sekine S, Yamamoto K, Nishida Y, Kawamura T, Matsuoka T, Maesaki S, Oka H, Ohno H. Infective endocarditis caused by Capnocytophaga canimorsus; a case report. BMC Infect Dis. 2019; 19:927. 

3.Sakai J, Tarumoto N, Kodana M, Ashikawa S, Imai K, Kawamura T, Ikebuchi K, Murakami T, Mitsutake K, Maeda T, Maesaki S. An identification protocol for ESBL-producing Gram-negative bacteria bloodstream infections using a MinION nanopore sequencer. J Med Microbiol 2019; 68:1219.

4.Imai K, Tarumoto N, Tachibana H, Hanabusa A, Sakai J, Yokota K, Mimura T, Maesaki S. Endogenous endophthalmitis secondary to septic arthritis caused by group A Streptococcus infection: A case report and literature review. J Infect Chemother In Press. 

5.Imai K, Misawa K, Osa M, Tarumoto N, Sakai J, Mikita K, Sayama Y, Fujikura Y, Kawana A, Murakami T, Maesaki S, Miura S, Maeda T. Chagas disease: a report of 17 suspected cases in Japan, 2012-2017. Trop Med Health 2019;47:38. 

2018年度

1.Imai K, Tamura K, Tanigaki T, Takizawa M, Nakayama E, Taniguchi T, Okamoto M, Nishiyama Y, Tarumoto N, Mitsutake K, Murakami T, Maesaki S, Maeda T. Whole Genome Sequencing of Influenza A and B Viruses With the MinION Sequencer in the Clinical Setting: A Pilot Study. Front Microbiol 2018;9:2748. 

2.Motokawa N, Miyazaki T, Hara A, Fukuda Y, Morino S, Nakamura H, Iwasaki K, Soda H, Izumikawa K, Yanagihara K, Ohno H, Miyazaki Y, Kohno S, Mukae H. Pulmonary Scedosporium apiospermum infection with pulmonary tumorlet in an immunocompetent patient. Intern Med 2018;57:3485

3.Miyazaki T, Hara A, Fukuda Y, Morino S, Nakamura H, Iwasaki K, Soda H, Izumikawa K, Yanagihara K, Ohno H, Miyazaki Y, Kohno S, Mukae H. Pulmonary Scedosporium apiospermum infection with pulmonary tumorlet in an immunocompetent patient. Intern Med 2018;57:3485.

4.Ikeda-Dantsuji Y, Nakamura S, Ohno H, Inukai T, Nagi M, Ueno K, Umeyama T, Kinjo Y, Yamagoe S, Shibuya K, Miyazaki Y. Intraspecies variation in the efficacy of adjunctive recombinant interferon-γ therapy against cryptococcal meningoencephalitis in mice. Med Mycol 2018;56:382

5.Ashikawa S, Tarumoto N, Imai K, Sakai J, Kodana M, Kawamura T, Ikebuchi K, Murakami T, Mitsutake K, Maesaki S, Maeda T. Rapid identification of pathogens from positive blood culture bottles with the MinION nanopore sequencer. J  Med Microbiol  2018;67:1589-1595. 

6.Imai K, Tarumoto N, Runtuwene LR, Sakai J, Hayashida K, Eshita Y, Maeda R, Tuda J, Ohno H, Murakami T, Maesaki S, Suzuki Y, Yamagishi J, Maeda T. An innovative diagnostic technology for the codon mutation C580Y in kelch13 of Plasmodium falciparum with MinION nanopore sequencer. Malaria J 2018;17(1):217. 

7.Misawa K, Tarumoto N, Tamura S, Osa M, Hamamoto T, Yuki A, Kouzaki Y, Imai K, Ronald RL, Yamaguchi T, Murakami T, Maesaki S, Suzuki Y, Kawana A, Maeda T. Single nucleotide polymorphisms in genes encoding penicillin-binding proteins in β-lactamase-negative ampicillin-resistant Haemophilus influenzae in Japan. BMC Research Notes 2018;11(1):53. 

8.Imai K, Tarumoto N, Amo K, Takahashi M, Sakamoto N, Kosaka A, Kato Y, Mikita K, Sakai J, Murakami T, Suzuki Y, Maesaki S, Maeda T. Non-invasive diagnosis of cutaneous leishmaniasis by the direct boil loop-mediated isothermal amplification methodand MinION nanopore sequencing. Parasitol Intern 2018;67(1):34-7. 

9.Tarumoto N, Kodana M, Watanabe N, Sakai J, Imai K, Yamaguchi T, Taji Y, Ebihara Y, Murakami T, Maeda T, Mitsutake K, Maesaki S. First report of the isolation of blaIMI-1-producing colistin-heteroresistant Enterobacter cloacae in Japan, September 2016. J of Infect Chemother  2018;24:941-943.

2017年度

1.Tarumoto N, Sakai J, Sujino K, Yamaguchi T, Ohta M, Yamagishi J, RuntuweneLR, Murakami T, SuzukiY, Maeda T, Maesaki S:Use of the Oxford Nanopore MinION sequencer for MLST genotyping of vancomycin-resistant enterococci. J of Hosp Infect  2017;96:296-298. 

2. Maeda T, Misawa K, Osa M, Hamamoto T, Yuki A, Imai K, Mikita K, Morichika K, Kawana A, Matsumoto H, Nonoyama S:Development of a highly resolved loop-mediated isothermal amplification method to detect the N526K ftsI mutation of β-lactamase-negative ampicillin-resistant Haemophilus influenzae. J of Microbiol Methods 2017;141:108-114. 

3. Maeda T, Tarumoto N, Misawa K, Tamura S, Imai K, Yamaguchi T, Iwata S, Murakami T, Maesaki S:A novel detection procedure for mutations in the 23S rRNA gene of Mycoplasma pneumoniae with peptidenucleic acid-mediated loop-mediated isothermal amplification assay. J Microbiol Methods  2017;141:90-96. 

4.Imai K, Tarumoto N, Misawa K, Runtuwene LR, Sakai J, Hayashida K, Eshita Y, Maeda R, Tuda J, Murakami T, Maesaki S, Suzuki Y, Yamagishi J, Maeda T. A novel diagnostic method for malaria using loop-mediated isothermal amplification (LAMP) and MinION nanopore sequencer. BMC Infect Dis 2017;17(1):621. 

5.Tachi K,Sato A, Kouzaki Y, Maeda T, Kawana A, Asano T. A case of Bacillus Calmette-Guérin cystitis diagnosed with a novel loop-mediated Isothermal amplification method. Uro Case Rep 2017;14:24-26. 

6.Suzuki T, Hara N, Osa M, Misawa K, Imai K, Fujikura Y, Maeda T, Sonehara W, Kawana A. Efficacy of switching to dolutegravir plus rilpivirine, the small-tablet regimen, in patients with dysphagia: two case reports. J Pharm Health Care and Scie 2017;3:23.

7.Ota H,Yamamoto H, Kimura M, Araoka H, Fujii T, Umeyama T, Ohno H, Miyazaki Y, Kaji D, Taya Y, Nishida A, Ishiwata K, Tsuji M, Takagi S, Asano-Mori Y, Yamamoto G, Uchida N, Izutsu K, Masuoka K, Wake A, Yoneyama A, Makino S, Taniguchi S. Successful Treatment of Pulmonary Mucormycosis Caused by Cunninghamella bertholletiae with High-Dose Liposomal Amphotericin B (10 mg/kg/day) Followed by a Lobectomy in Cord Blood Transplant Recipients. Mycopathologia 2017 ;10: 1007

8.Kimura M, Araoka H, Yamamoto H,  Asano-Mori Y,  Nakamura S, Yamagoe S, Ohno H,  Miyazaki Y, Abe M, Yuasa M, Kaji D, Kageyama K, Nishida A, Ishiwata K, Takagi S, Yamamoto G, Uchida N, Izutsu K, Wake A, Taniguchi S, and Yoneyama A. Clinical and microbiological characteristics of breakthrough candidemia in allogeneic hematopoietic stem cell transplant recipients in a Japanese hospital. Antimicrob  Agents Chemother 2017 ;61:1791

2016年度

1.Osawa M, Mine S, Ota S, Kato K, Sekizuka T, Kuroda M, Kataoka M, Fukumoto H, Sato Y, KannoT, Hasegawa H, Ueda K, Fukayama M, Maeda T, Kanoh S, Kawana A, Fujikura Y, Katano H. Establishing and characterizing a new primary effusion lymphoma cell line harboring Kaposi’s sarcoma-associated herpesvirus. Infect Agents Cancer 2016;11:37. 

2.Imai K, Nakayama E, Maeda T, Mikita K, Kobayashi Y, Mitarai A, Honma Y, Miyake S, Kaku K, Miyahira Y, Kawana A:Chikungunya fever in Japan imported from the Caribbean islands. Jap  J  Infect Dis  2016;69:151-153. 

3.Osa M, Maeda T, Misawa K, Imai K, Fujikura Y, Kawana A. Clinical response to liposomal doxorubicin and rituximab in HHV-8-associated multicentric Castleman’s disease in an HIV-positive patient J Infect Chemother  2016;22:804-807. 

4. Imai K, Misawa K, Matsumura T, Fujikura Y, Mikita K, Tokoro M, Maeda T, Kawana A. Progressive HIV-associated cholangiopathy in an HIV patient treated with combination antiretroviral therapy. Inter Med  2016;55:2881-2884. 

5.Ota S, Maki Y, Mori K, Hamamoto T, Kurokawa A, Ishihara M, Yamamoto T, Imai K, Misawa K, Yuki A, Fujikura Y, Maeda T, Kawana A. Diagnosis of imported Ugandan typhoid fever based on local outbreak information: A case report. J Infect  Chemother 2016;22:770-773. 

6.Nagi M, Tanabe K, Nakayama H, Ueno K, Yamagoe S, Umeyama T, Ohno H, Miyazaki Y. Iron-depletion promotes mitophagy to maintain mitochondrial integrity in pathogenic yeast Candida glabrata. Autophagy 2016; 10:1080

7.Urai M, Kaneko Y, Ueno K, Okubo Y, Aizawa T, Fukazawa H, Sugita T, Ohno H, Shibuya K, Kinjo Y, Miyazaki Y. Evasion of innate immune responses by the highly virulent Cryptococcus gattii by altering capsule glucuronoxylomannan structure. Front  Microbiol 2016 ;5:101

学術集会報告

国際学会・研究会

1.Tarumoto N. A novel detection procedure for mutations in the 23S rRNA gene of Treponema pallidum with a peptide nucleic acid-mediated loop-mediated isothermal amplification assay. ECCMID (Amsterdam, Netherlands) 2019.

2.Sakai J. A method using the MinION nanopore sequencer for detecting bacteria and ESBL-producing species in the bloodstream. ECCMID (Amsterdam, Netherlands) 2019.

3.Maeda T. Evaluation of MinION sequencer for identification of pathogens from positive blood cultures in bloodstream infections. 3rd Technology Seminar on the MinION sequencing. (Manado, Indonesia) 2018.

4.Maeda T. Practical uses of MinION sequencer at clinical settings in Japan. 2nd Technology Seminar on the MinION sequencing. (Bangkok, Thailand) 2017.

5.Maeda T. Innovation of MinION nanopore sequencing for molecular identification of protozoal pathogens. Boliviano Japones De Gastroenterologia. (Santa Cruz, Plurinational State of Bolivia) 2016

6.Imai K. A novel diagnostic method for Malaria using loop mediated isothermal amplification (LAMP) and MinION nanopore sequencer. IDWeek (San diego, USA) 2017

7.Seki M. Management of Influenza and its related pneumonia in Japan. CHEST Congress General Meeting (Bologna, Italy) 2020.

8.Seki M. Association and management of influenza with severe pneumonia/empyema in the community, hospital, and healthcare-associated setting in Japan. CHEST Congress General Meeting (Bologna, Italy) 2020.

9.Seki M. Clinical and pathological comparison of COVID-19 and influenza in Japan. Infectious Diseases Herald web Conference (London, UK) 2021.

10.Seki M. Keynote lecture: Pathophysiological comparison and management of COVID-19 and influenza in Japan. European Society of Medicine (ESMED) Web General Meeting, (Berlin, Germany) 2021

11.Seki M. Mutant viral strains and clinical characteristics of SARS-CoV-2 infected (COVID-19) patients in rural area of Japan. ISIRV-WHO Virtual Conference, COVID-19, Influenza and RSV: Surveillance-Informed Prevention and Treatment, (Singapore), 2021

12.Seki M, Shimada D. Clinical characteristics of SARS-CoV-2 infected (COVID-19) patients and mutant viral strains in rural area of Japan. APSR(Asian Pacific Society of Respirology) General meeting (Kyoto, Japan) 2021

13.Seki M, Imai H, Watanabe Y. Utility of Cell-Direct Polymerase Chain Reaction-based Nucleic Acid Lateral Flow Immunoassay for Detection of Bacteria in Peripheral Blood Leukocytes of Suspected Sepsis Cases. APCCMI (Asian Pacific Clinical Congress of Clinical Microbiology and Infection) web (Singapore) 2021

国内学会報告 (シンポジウム)
2021年度

岡 秀昭. 臨床ではどの様に抗菌薬を選択しているのか? 第32回日本臨床微生物学会総会・学術集会(東京)2021.
三村一行. インフルエンザ後の二次性肺炎球菌感染症に対する肺炎球菌ワクチン予防効果. 第94回日本感染症学会総会・学術講演会(東京)2021.
三村一行. 肺炎球菌ワクチンの基礎研究を通じて経験した葛藤と乗り越えた時の喜び. 第69回日本感染症学会東日本地方会学術集会/第67回日本感染症学会東日本支部総会合同学会(東京)2021.
金澤晶雄. 長期治療が必要な感染症,内服への変更は可能か? 第94回日本感染症学会総会・学術講演会(東京)2021.
樽本憲人.JSPEN合同シンポジウム バンコマイシン耐性腸球菌感染症の治療と感染対策.第24回日本臨床腸内微生物学会総会・学術集会 Web 2021
関 雅文.イブニングシンポジウム1(日本微生物連盟関連4学会合同シンポジウム)「臨床的課題を基礎からサイエンスし解決策を探る~インフルエンザと続発性肺炎球菌性肺炎を例として~」日本感染症学会の立場から:インフルエンザと続発性細菌性肺炎への臨床的アプローチ. 第94回日本感染症学会総会・学術講演会 (東京) 2021
関 雅文.シンポジウム19 インフルエンザUp to date 病態・重症化に関する最近の知見. 第94回日本感染症学会総会・学術講演会 (東京) 2021.
関 雅文.シンポジウム~インフルエンザ診療の最前線~インフルエンザの重症化機序と対策. 第61回日本呼吸器学会総会 (名古屋) 2021
関 雅文 セミナー ワクチンを用いた肺炎球菌性肺炎のコントロール. 第61回日本呼吸器学会総会 (名古屋) 2021.
関 雅文.シンポジウム COVID-19に対するワクチン開発. 第69回日本化学療法学会総会 (神戸) 2021.
関 雅文.教育講演 AST抗菌薬適正使用支援におけるプロセスとアウトカム. 第69回日本化学療法学会総会 (神戸) 2021.
・中村豊、大野勲、賀来 満夫、関 雅文. シンポジウム 自然災害時の真菌感染症. 第65回日本医真菌学会総会 (東京) 2021.
関 雅文.シンポジウム ダニ媒介感染症:SFTSの臨床. 第32回日本臨床微生物学会総会 web 2021.
関 雅文.特別シンポジウム COVID-19の臨床像と今後の対応について. 第42回日本病院薬剤師会近畿学術集会 (大坂) 2021.
関 雅文.特別シンポジウム インフルエンザとCOVID-19の重症化リスク管理~これまでとこれから~インフルエンザでわかっていたこと、COVID-19で学んだこと
日本感染症学会・化学療法学会総会 (横浜) 2021.
関 雅文.ランチョンセミナー 肺炎球菌感染症リスク患者へのコンジュゲートワクチン接種の意義. 第95回日本感染症学会学術講演会/第69回日本化学療法学会総会合同学会 (横浜) 2021.
関 雅文.会長特別企画 ICT、ASTを斬る. 第36回日本環境感染学会総会 (名古屋) 2021.
関 雅文.シンポジウム ウィズコロナ時代の呼吸器感染症マネージメント. 第69回日本感染症学会東日本地方会学術集会/第67回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会(東京) 2021.
関 雅文.教育講演 各種ウイルス性肺炎の病態とマネージメント~COVID-19との比較から~. 第69回日本感染症学会東日本地方会学術集会/第67回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会(東京) 2021.
光武耕太郎.シンポジウム 肺炎と血流感染. 第68回日本化学療法学会総会 (神戸)2021.
光武耕太郎.シンポジウム 循環器専門医とASTで治療する感染性心内膜炎。第68回日本化学療法学会総会 (神戸) 2021.

2020年度

樽本憲人. シンポジウム9 “Top 10 Paper” セッション “診断” 次の研究テーマは? ~感染症診療における遺伝子検査の新しい展開~.第94回日本感染症学会学術講演会(東京)2020.
樽本憲人.パネルディスカッション6 新たな感染症診断法の実地臨床への導入の可能性 次世代シーケンサーMinION.第68回日本化学療法学会総会(神戸)2020.
樽本憲人. シンポジウム17 ガイドラインから一歩踏み込む真菌症診療 持続真菌血症.第69回日本感染症学会東日本地方会学術集会/第67回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会(東京)2020.
関 雅文. 教育講演 AMR対策における微生物検査の重要性~Diagnostic Stewardshipの実践~ 第31回日本臨床微生物学会総会 (金沢) 2020.
関 雅文. 基調講演 ウイルス肺炎の病態と今後の課題~COVID-19感染症~ 日本医真菌学会第32回東北医真菌懇話会 (仙台) 2020.
大野秀明. シンポジウム58 生物学的製剤と呼吸器感染症 3.結核 第94回日本感染症学会総会学術講演会 (東京)2020.
大野秀明. ランチョンセミナー2 深在性真菌症と院内感染―呼吸器真菌症を中心に―第64回日本医真菌学会総会・学術集会 (東京)2020

2019年度

前田卓哉. シンポジウム11 寄生虫症の動向と検査を取り巻く状況 原虫症の検査と最近の話題. 第30回日本臨床微生物学会総会 (東京) 2019.
光武耕太郎. 教育セミナー 賢人セミナー 感染性心内膜炎. 第30回日本臨床微生物学会総会 (東京) 2019.
前田卓哉. シンポジウム11 寄生虫症の動向と検査を取り巻く状況 原虫症の検査と最近の話題. 第30回日本臨床微生物学会総会 (東京) 2019.
光武耕太郎. シンポジウム ASチームが知っておきたいMRSA治療 感染性心内膜炎. 第34回日本環境感染学会総会・学術集会 (神戸) 2019.
大野秀明.シンポジウム スペイン風邪から101年:インフルエンザの診断・治療・予防 4.感染対策の基本と応用 第30回日本臨床微生物学会総会・学術集会、(東京)2019

2018年

光武耕太郎. 教育セミナー 敗血症. 第67回日本感染症学会東日本地方会学術集会 第65回日本化学療法学会東日本支部総会 (東京) 2018 
樽本憲人. シンポジウム 固形臓器移植に合併する真菌症. 第67回日本感染症学会東日本地方会学術集会第65回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (東京) 2018 

2017年度

光武耕太郎. シンポジウム 本邦における感染性心内膜炎の現状. 第64回日本化学療法学会東日本支部総会 第66回日本感染症学会東日本地方会学術集会 (東京) 2017 
光武耕太郎. 教育セミナー 本邦における感染性心内膜炎の現状. 第64回日本化学療法学会東日本支部総会 第66回日本感染症学会東日本地方会学術集会 (東京) 2017 
樽本憲人. シンポジウム 真菌感染症の新たな検査. 第64回日本化学療法学会東日本支部総会 第66回日本感染症学会東日本地方会学術集会 (東京) 2017 
前田卓哉. シンポジウム6 アメーバ赤痢の臨床像と検査法. 第66回日本感染症学会・東日本地方学術集会 第64回日本化学療法学会 東日本支部総会 合同学会 (東京) 2017. 
樽本憲人. シンポジウム 肺結核の診断・治療と対策. 第62回日本透析医学会学術集会・総会 (横浜) 2017. 
樽本憲人. シンポジウム 感染症診断・感染制御におけるナノポアシーケンスの有用性. 第91回日本感染症学会総会・学術講演会 第65回日本化学療法学会学術集会 合同学会 (東京) 2017. 
今井一男. シンポジウム 新しい遺伝子診断法が寄生虫症診療に与える影響. シンポジウム7. より良い臨床微生物検査のために~その問題点と対策を明らかにする~. 第91回日本感染症学会総会・学術講演会 第65回日本化学療法学会学術集会 合同学会 (東京) 2017.

国内学会報告 (一般演題)
2021年度

今井一男、酒井純、石橋令臣、樽本憲人、村上孝、前﨑繫文、前田卓哉.ポータブルシーケンサーFlongleを用いた呼吸器ウイルス感染症の診断法についての検討.第95回日本感染症学会学術講演会(横浜)2021.
石橋令臣, 山岡稔, 山口剛史, 滝澤功一, 樽本憲人, 前﨑繁文.埼玉県西部地域における Global-PPS の調査結果.第70回日本感染症学会東日本地方会学術集会/第68回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会(横浜)2021.
・金子悟、今井一男、酒井純、石橋令巨、樽本憲人、内田貴裕、横田和浩、柳沢慎之介、飯田慎一郎、井上勉、中山英人、芳賀佳之、前崎繁文、三村俊英、岡田浩一.新型コロナウイルス感染(COVID19)の透析患者で血球貪食症候群を合併した1例.第66回日本透析医学会学術集会(横浜)2021.
・金子悟、今井一男、酒井純、石橋令巨、樽本憲人、内田貴裕、横田和浩、柳澤慎之介、飯田慎一郎、井上勉、中山英人、芳賀佳之、前崎繁文、三村俊英、岡田浩一.新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の透析患者で血球貪食症候群を合併した1例.第32回日本急性血液浄化学会学術集会(埼玉)2021.
・横田和浩、和田琢、野間久史、樽本憲人、石橋令臣、酒井純、前崎繁文、飯田慎一郎、内田義孝、内田貴裕、仲村秀俊、永田真、中山英人、芳賀佳之、三村俊英.新型コロナウィルス肺炎に対するステロイドパルス療法の安全性と有効性の検討.第49回日本臨床免疫学会総会(東京)2021.
・酒井左近、和田琢、相馬真智香、横田和浩、梶山浩、樽本憲人、前崎繁文、前田卓哉、永田真、三村俊英.SARS-CoV-2ワクチン接種後の膠原病合併間質性肺疾患にブレイクスルー感染した重症COVID-19肺炎の1例.第674回日本内科学会関東地方会(東京)2021.
西田裕介. 鼻腔拭い液検体を用いたSARS-CoV-2新規抗原検査キットの臨床性能の検討.第70回日本感染症学会東日本地方会(東京)2021.
佐藤央基. 肺炎を伴わない, streptococcus pneumoniaeによる腸腰筋膿瘍,化膿性椎体椎間板炎の1例.第91回日本感染症学会西日本地方会学術集会/第64回日本感染症学会中日本地方会学術集会/第69回日本化学療法学会西日本支部総会(岐阜)2021.
片山理智. 脳出血後に顕在化したPlatypnea-orthodeoxia syndrome (POS)をマルチモダリティで評価し得た1例. 第671回日本内科学会関東地方会(東京)2021.
白井絢子. Streptococcus pyogenesによる悪性外耳道炎を契機とした菌血症・髄膜炎の1例. 第69回日本感染症学会東日本地方会(東京)2021.
・島田大嗣, 藤川祐子, 赤井健次郎, 今井 悠、遠藤史郎, 賀来満夫, 関 雅文. 宮城県沿岸地域におけるCOVID-19の傾向.日本内科学会東北地方会(仙台)2021.
・野村順、関 雅文、阿部正理、小林匡洋、沖津庸子、福原規子、高橋伸一郎、張替秀郎、亀岡淳一. 2回目のSARS-CoV-2mRNAワクチン接種後に溶血が進行した遺伝性球状赤血球症(HS)の1例. 第132回日本血液学会東北地方会(福島)2021.
・島田大嗣, 藤川祐子, 赤井健次郎, 今井 悠、遠藤史郎, 賀来満夫, 関 雅文. 診断困難な肺MAC症に対する気管支鏡検査の有用性の検討. 第113回日本呼吸器学会東北地方会 (福島) 2021.
・平潟洋一、関 雅文、猪股寛子、須藤裕子、寺嶋 勉、千葉一枝、宇佐美修. 学生の結核病棟での診療科臨床実習におけるN95マスクのフィットテストの結果について. 第113回日本呼吸器学会東北地方会 (福島)  2021.
・島⽥⼤嗣、藤川祐⼦、清家⼀⽣、今井 悠、遠藤 史郎、関 雅⽂. 宮城県東部地域におけるCOVID-19患者の傾向. 第70回日本感染症学会東日本地方会学術集会/第68回日本化学療法学会東日本支部総会 (東京) 2021.
・阿部良伸、大泉智哉、山家研一郎、眞田千穂、多田周平、板垣秀弥、古屋智規、関 雅文、遠藤智之. 劇症型溶血性レンサ球菌感染症が家族内発生した事例における菌株に生じた遺伝子変異と生命予後への影響. 第49回日本救急医学会総会(東京)2021.
・針生真弥、渡部祐司、高野和希、関 雅文.難治性肺MAC症として治療後にExophiala Dermatitidisが気管支鏡検査で検出された一例. 12月 第33回日本医真菌学会東北医真菌研究会 (仙台) 2021.
須賀優斗、渡辺典之、小山幸枝、田地功志、鈴木海馬、宮崎義継、栗田浩樹、光武耕太郎、海老原康博. Malassezia slooffiaeによる外耳道炎から乳突蜂巣炎に進展した1症例. 第65回日本医真菌学会 Web 2021.
唐牛春香.血管カテーテル先端からカンジダ属が検出された122例の臨床的検討. 第65回日本医真菌学会 Web 2021.唐牛春香、光武耕太郎. 当院における腸球菌による感染性心内膜炎の臨床的検討. 第70回日本感染症学会東日本地方会/第68回日本化学療法学会東日本合同学会 Web 2021.
鴨下文貴. 医師参加型の手指衛生推進活動 第9回日本感染管理ネットワーク学会(山口) 2021.
川村繭子、川村隆之、小野大輔、佐藤央基、金澤晶雄、酒井梨紗、三村一行、岡 秀昭、大野秀明. 繰り返すESBL産生大腸菌の菌血症をシタフロキサシンとミノマイシンの併用で治療した1例. 第95回日本感染症学会総会/第69回日本化学療法学会学術集会合同学会 (横浜) 2021.
川村繭子、川村隆之、落合祐典、浅井緋花里、白井絢子、西田祐介、小野大輔、三村一行、岡 秀昭、大野秀明. ムコイド産生Klebsiella pneumoniaeによる硬膜外膿瘍の1例. 第91回日本感染症学会西日本地方会総会学術集会/第64回日本感染症学会中日本地方会総会学術集会/第69回日本化学療法学会西日本支部総会合同学会 (岐阜) 2021.
山下裕敬、佐藤央基、金澤晶雄、酒井梨紗、三村一行、大野秀明、岡 秀昭. 髄液異常を伴わなかったListeria monocytogenesによる脳膿瘍の1例. 第91回日本感染症学会西日本地方会総会学術集会/第64回日本感染症学会中日本地方会総会学術集会/第69回日本化学療法学会西日本支部総会合同学会(岐阜) 2021.
・小島光寛、大澤雄一郎、福田慎一郎、灘谷直美、近藤正巳、大野秀明. 当院での新型コロナウイルス感染症病棟における薬学的管理の実際. 第91回日本感染症学会西日本地方会総会学術集会/第64回日本感染症学会中日本地方会総会学術集会/第69回日本化学療法学会西日本支部総会合同学会(岐阜) 2021.

2020年度

酒井純、樽本憲人、前﨑繁文.ニューモシスチス肺炎治療中にMalassezia restrictaによる菌血症を発症したHIV感染の一例.第31回日本臨床微生物学会学術集会(金沢)2020.
・山岡稔、石橋令臣、山口剛史、滝澤功一、樽本憲人、前﨑繁文.当院におけるGlobal-PPSの経年的解析結果.第69回日本感染症学会東日本地方会学術集会/第67回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会(東京)2020.
・中谷宣章、佐々木秀悟、白崎文隆、酒井純、今井一男、折原悠太、川村利江子、樽本憲人、小林威仁、前崎繫文、前田卓哉、中元秀友.CTで浸潤影が片側性で上葉・中葉に見られ、リンパ球減少も認めなかったCOVID-19の1例.第48回日本救急医学会総会・学術集会(岐阜)2020.
・高野和希、渡部祐司、関 雅文.当院におけるMACとM absessus症例の比較検討. 第31回日本臨床微生物学会総会 (金沢) 2020.
・針生真耶、渡部祐司、関 雅文.家族内伝播したMicrosporium canis症例の解析. 第31回日本臨床微生物学会総会(金沢) 2020.
・若生望、渡部祐司、高野和希、針生真弥、正路舞、甲谷ゆかり、関 雅文.当院における抗酸菌の検出状況. 第35回日本環境感染学会(横浜)2020.
・村井千恵、上田覚、安井友佳子、行本拓史、眞継賢一、山田智之、吉野秀紀、竹内祐介、石坂敏彦、関 雅文.若手病院薬剤師を対象とした抗菌化学療法研究会(大阪ABC)による抗菌薬適正使用への取り組みと教育効果についての検討(第2報). 第90回日本感染症学会西日本地方会学術集会/第63回日本感染症学会中日本地方会学術集会/第68回日本化学療法学会西日本地方会(福岡)2020.
川村隆之、唐牛春香、光武耕太郎. 80歳以上の高齢者における感染性心内膜炎の臨床的検討. 第69回日本感染症学会東日本地方会学術集会(東京)2020.
唐牛春香、光武耕太郎. 繰り返す腹痛で化膿性連鎖球菌が血液培養で検出され感染性腹部大動脈瘤の診断に至った1例. 第67回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会(東京) 2020.
小山幸枝、唐牛春香、光武耕太郎.血液培養から検出されたされたMRSAの薬剤感受性と分子疫学的検討. 第69回日本感染症学会東日本地方会学術集会(東京) 2020.
唐牛春香、蝦名彩也佳、清水敦子、渡辺典之、光武耕太郎. 経口摂取困難で治療に難渋した肺結核の一例. 第68回日本化学療法学会総会(神戸) 2020.
須賀優斗、渡辺典之、小山幸枝、田地功忠、小林清子、光武耕太郎、海老原康博. カンジダ属が胸水から検出された症例の検討. 第69回日本医学検査学会(仙台) 2020.
川村隆之、山下裕敬、大野秀明、岡 秀昭、西田祐介、野崎由迅、山本 慧、三村一行、小野大輔. 肝移植後に糞線虫の過剰感染による腸球菌の菌血症を繰り返した一例. 第94回日本感染症学会総会学術講演会 (東京) 2020.
酒井純、樽本憲人、大野秀明、前崎繁文.ヒト血清アルブミン存在下におけるCandida aurisの発育抑制に関する検討. 第94回日本感染症学会総会学術講演会 (東京) 2020.
西田裕介. 潜在性結核治療後に結核性脊椎炎を発症した1例. 第69回日本感染症学会東日本地方会(東京)2020.
山下裕敬. 副腎不全と両側副腎腫大を契機に結核の診断を得た1例. 第69回日本感染症学会東日本地方会(東京)2020.

2019年度

山本 慧. Ureaplasma parvumによる骨盤内炎症性疾患の1例.第68回日本感染症学会東日本学術集会・第66回日本化学療法学会東日本支部総会 (仙台市) 2019.
福田 慎一郎. NICU病棟におけるバンコマイシンの投与量と血中濃度に関する調査.第68回日本感染症学会東日本学術集会・第66回日本化学療法学会東日本支部総会 (仙台市) 2019.
山下 裕敬. 絞扼性イレウスを契機として診断された腸結核の1例.第68回日本感染症学会東日本学術集会・第66回日本化学療法学会東日本支部総会 (仙台市) 2019.
光武 耕太郎. 当院における臨床検体からのStaphylococcus lugdunesisの分離状況.第68回日本感染症学会東日本学術集会・第66回日本化学療法学会東日本支部総会 (仙台市) 2019.
清水 敦子. カンジダ血症とサイトメガロウイルスによる十二指腸病変を合併した1例.第68回日本感染症学会東日本学術集会・第66回日本化学療法学会東日本支部総会 (仙台市) 2019.
唐牛 春香. 血管カテーテル培養におけるカンジダ属検出の意義. 第68回日本感染症学会東日本学術集会・第66回日本化学療法学会東日本支部総会 (仙台市) 2019.
小口 由紀子. Neisseria zoodegmatis感染が疑われた犬咬傷の1例. 第68回日本感染症学会東日本学術集会・第66回日本化学療法学会東日本支部総会 (仙台市) 2019.
樽本 憲人. 納豆菌による細菌性髄膜炎を来した1例. 第68回日本感染症学会東日本学術集会・第66回日本化学療法学会東日本支部総会 (仙台市) 2019.
樽本 憲人. 長期にわたり検出されたバンコマイシン耐性腸球菌の分子疫学的解析. 第68回日本感染症学会東日本学術集会・第66回日本化学療法学会東日本支部総会 (仙台市) 2019.
岸 悦子. NICU・GCUにおけるPOT法を用いたMRSAの分子疫学的解析. 第68回日本感染症学会東日本学術集会・第66回日本化学療法学会東日本支部総会 (仙台市) 2019.
酒井 純. 血液培養陽性例におけるナノポア型ポータブルシーケンサーMinIONの菌種同定能の検討. 第93回日本感染症学会総会・学術講演会 (名古屋) 2019. 
大金 佳菜. 血液培養ボトルより検出されたBacteroides fragilisの薬剤耐性遺伝子の解析. 第93回日本感染症学会総会・学術講演会 (名古屋) 2019. 
三沢 和央. ナノポアシーケンサーを利用した結核菌の薬剤耐性に関する遺伝子領域の解析. 第93回日本感染症学会総会・学術講演会 (名古屋) 2019. 
今井 一男. MinIONを用いたインフルエンザウイルス全ゲノム解析法の検討 第93回日本感染症学会総会・学術講演会 (名古屋) 2019. 
山口 彩. MinIONシーケンサーを用いたSequence-Independent, Single-Primer-Amplification法による咽頭ウイルスの網羅的ゲノム解析. 第93回日本感染症学会総会・学術講演会 (名古屋) 2019. 
手塚 真梨子. MinIONを用いた尿路感染症の起炎菌の同定と薬剤耐性遺伝子の解析. 第93回日本感染症学会総会・学術講演会 (名古屋) 2019. 
柳澤 慎之介. Mycobacterium canariasense血流感染症の1症例. 第93回日本感染症学会総会・学術講演会 (名古屋) 2019. 
小棚 雅寛. Klebsiella属菌による菌血症の臨床的・細菌学的特徴に関する解析. 第93回日本感染症学会総会・学術講演会 (名古屋) 2019. 
鴨下 文貴. バンコマイシン中等度耐性腸球菌(VIE)アウトブレイクへの対応. 第34回日本環境感染学会総会・学術集会 (兵庫) 2019. 
吉原 みき子. 当院のICTラウンドへの医療連携施設 スタッフの受入れを試みて. 第34回日本環境感染学会総会・学術集会 (兵庫) 2019. 
岸 悦子. 2剤耐性緑膿菌の年次推移と遺伝子学的解析. 第30回日本臨床微生物学会総会・学術集会 (東京) 2019. 
石橋 令臣. 埼玉医科大学国際医療センターにおける10年間の結核菌分離症例の解析. “第233回日本呼吸器学会関東地方会 第175回日本結核病学会関東支部学会 合同学会” (東京) 219. 
渡辺 典之. 血液培養から検出された多剤耐性のStreptococcus oralisの1症例. 第30回日本臨床微生物学会総会・学術集会 (東京) 2019.
原 竜也.VCM投与中に血小板減少を来した1例 第67回日本化学療法学会総会 (東京)2019.
西田 祐介.MSSA菌血症治療中に感染性冠動脈瘤による心筋梗塞を発症した1例.第93回日本感染症学会( 名古屋)2019

2018年度

小野寺 梓. バクテロイデス属菌が保有するcfiAの迅速検出法の開発と、当院での保有率の検討. 平成29年度関甲信支部・首都圏支部医学検査学会 (群馬) 2018. 
根本 莉奈. MinIONを用いた革新的ストレプトコッカス属の鑑別法の確立. 平成29年度関甲信支部・首都圏支部医学検査学会 (群馬) 2018. 
蘆川 彩瑛. MinIONによる病原微生物同定能の検討-血液培養陽性検体を用いた解析-. 平成29年度関甲信支部・首都圏支部医学検査学会 (群馬) 2018. 
石井 優風香. リアルタイムPCR法を用いたトキソプラズマ検出法の開発. 平成29年度関甲信支部・首都圏支部医学検査学会 (群馬) 2018. 
今井 一男. Trypanosoma cruzi 分離株における薬剤感受性の検討. 第29回臨寄生虫学会大会 (沖縄) 2018. 
今井 一男. An innovative diagnostic method for the codon mutation C580Y in PfKelch13 of P. falciparum with MinION sequencer. 第87回日本寄生虫学会大会 (東京) 2018. 
今井一男. LAMP/MinIONを用いた熱帯熱マラリアK13遺伝子SNP検出法の開発. 第29回日本臨床微生物学会総会 (岐阜) 2018. 
土谷 真幹. MSSA菌血症におけるAST活動の検討. 第67回日本感染症学会東日本地方会学術集会第65回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (東京) 2018. 
石橋 令臣. 埼玉医大国際医療センターにおける抗菌の使用状況と耐性に関するグローバル時点有病率調査(GLOBAL-PPS)2018 年の調査結果. “第67回日本感染症学会東日本地方会学術集会 第66回日本化学療法学会東日本支部総会” (東京) 2018. 
唐牛 春香. 敗血症ショックとの鑑別が困難であった肝切除後副腎不全を発症した1例. “第67回日本感染症学会東日本地方会学術集会 第66回日本化学療法学会東日本支部総会” (東京) 2018. 
小棚 雅寛. 敗血症診断に対するナノポア型シーケンサーMinION の有効性. 第67回日本感染症学会東日本地方会学術集会第65回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (東京) 2018. 
横山 立. K2 serotype ST25型Hypermucoviscosity K. pneumoniaeによる気腫性椎体炎の一例. 第67回日本感染症学会東日本地方会学術集会第65回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (東京) 2018. 
酒井 純. 血液培養陽性検体におけるナノポア型ポータブルシーケンサーMinION の病原微生物同定能の検討. 第67回日本感染症学会東日本地方会学術集会第65回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (東) 2018.
秋好 怜.腹膜透析中にStennotrophomonas maltophilia腹膜炎を発症した慢性腎臓病の一例 第67回日本感染症学会東日本地方会総会学術集会、第65回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会(東京) 2018.
西田 祐介.膿培養からMycobacterium mageritenseが検出されたCAPDカテーテル感染の1例.第67回日本感染症学会東日本地方会総会学術集会、第65回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会(東京) 2018

2017年度

今井 一男. シャーガス病検査依頼症例と確定診断症例に関する検討. 第64回日本化学療法学会 東日本支部総会 合同学会 (東京) 2017. 
酒井 純. Candida 血流感染症における一般細菌共感染例の臨床検討. 第64回日本化学療法学会 東日本支部総会 合同学会 (東京) 2017. 
蘆川 彩瑛. 血液培養陽性検体におけるナノポア型シーケンサーの病原微生物同定能の検討. 平成29年度関甲信支部・首都圏支部医学検査学会 (埼玉) 2017. 
石井 優風香. リアルタイムPCR法を用いたトキソプラズマ検出法の開発. 平成29年度関甲信支部・首都圏支部医学検査学会 (埼玉) 2017. 
根本 莉奈. MinIONによるストレプトコッカス属鑑別. 平成29年度関甲信支部・首都圏支部医学検査学会 (埼玉) 2017. 
長盛 親. ベンズニダゾールによる治療を行った国内シャーガス病患者2例の治療後経過. 第28回日本臨床寄生虫学会大会 (東京) 2017. 
前田 卓哉. ナノポア型シーケンサーMinIONによるシーケンス解析を活用したLAMP法によるマラリア原虫同定法の検討. 第28回日本臨床寄生虫学会大会 (東京) 2017. 
今井 一男. LAMP 法とMinION を組み合わせた原虫検出法の開発. 第86回日本寄生虫学会大会 (札幌) 2017. 
樽本 憲人. 新規ポータブルシーケンサーMinIONによる菌種同定の検討. 第91回日本感染症学会総会・学術講演会 第65回日本化学療法学会学術集会 合同学会 (東京) 2017. 
樽本 憲人. 新規ポータブルシーケンサーMinIONTMによる菌種同定の検討 第91回日本感染症学会総会・学術講演会 第65回日本化学療法学会学術集会 合同学会 (東京) 2017. 
戸張 友加里. 野外での蚊媒介感染症調査のためのトレーニングツールの開発とヒトスジシマカのAedes flavivirus保有率調査. 第91回日本感染症学会総会・学術講演会 第65回日本化学療法学会学術集会 合同学会 (東京) 2017. 
遠藤 博文. ナノポアシーケンサーを利用したトリパノソーマ属原虫の網羅的遺伝子同定技術の開発とフィールド応用. 第91回日本感染症学会総会・学術講演会 第65回日本化学療法学会学術集会 合同学会 (東京) 2017. 
樽本 憲人. Streptococcus pneumoniaeとStreptococcus mitisの鑑別におけるMinIONTMの有用性. 第91回日本臨床微生物学会・学術講演会 (岐阜) 2017. 
樽本 憲人. ナノポア・シークエンサー(MinIONTM)の医療関連感染制御への活用の可能性. 第52回緑膿菌研究会 (宮城) 2017. 
樽本 憲人. 2014/15、2015/16シーズンにおける医療従事者のインフルエンザの臨床的特徴. 第13回埼玉インフルエンザ研究会 (埼玉) 2017.
深井 麻澄.当院におけるボリコナゾール(VRCZ)の血中濃度測定の現状とその評価.第87回日本感染症学会西日本地方会学術集会、第60回日本感染症学会中日本地方会学術集会、第65回日本化学療法学会西日本支部総会 合同学会 (長崎) 2017.
岡 秀昭.感染症科コンサルトとなったCAPD腹膜炎の一例.第87回日本感染症学会西日本地方会学術集会、第60回日本感染症学会中日本地方会学術集会、第65回日本化学療法学会西日本支部総会 合同学会 (長崎) 2017.
原 竜也.当院におけるピペラシリン/タゾバクタム(PIPC/TAZ)使用届出制度導入に伴う影響の調査.第91回日本感染症学会総会、第65回日本化学療法学会学術集会合同学会 (東京) 2017

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

To follow